未分類

ルールを把握するとそれほど難しくはないのも確定申告

投稿日:

個人事業主であれば毎年の確定申告は必須のイベント、2月から3月は頭の痛い時期ではありますがやらないわけにはいきません。
ところが会社員として収入を得ていると、毎年自分で確定申告をすることはなくすべて会社に丸投げです。会社の経理がすべて行うためサラリーマンであれば、本業以外から収入を得ていないなら確定申告を自分ですることはありません。

企業に務めてはいるものの副業でも収入を得ているという場合は話が別であり、一定の金額を上回るようなら確定申告は必須です。税金のことも確定申告のことも、いつも会社で処理してもらっているため、わからない上に面倒そうなのでやりたくはない、これは大体誰もが考えます。

細かい内容を知らないだけに副業の確定申告は避けたくなりますが、申告をするにあたり基本的なルールがあって、そこさえ押さえることでさほど難しいこともありません。

これから副業をしようと考える人であれば、収入を得ることへの期待だけではなく、稼いだら税金はどれくらいかかるかも把握しておく必要があります。
社会保険料をはじめ住民税や所得税なども、副業をする事で生業以外からの収入を得るので変わってきますし、納税額は申告を青色でするか白色かでも違うためこの点も知識を付けておくことです。
最初から大きく稼げることは考えにくい副業ですが、それでも1年もやれば20万円は軽くこえるかもしれません。

この20万円という数字が確定申告をするかどうかの基準であり、もし副業で稼いだ所得が年間で20万円以下だったら申告は必要ないです。確定申告はしなくても大丈夫ですが、忘れてはいけないこともあります。

それは住民税の申告をするということ、計算はその人の所得に応じてされますから、確定申告を行わないのであれば住民税だけは別での申告が必須です。

少しややこしく感じるかもしれっませんが、一般的な流れでいうと確定申告の時に、一緒に終えておくべきなのが住民税の申告なので、本当は確定申告は済ませたほうが面倒はありません。

確定申告のことはちんぷんかんぷんで自分では難しそうというなら、プロに任せるという方法もあります。
しかし、副業で得る収入はそこまで高額とは考えにくいため、それほど多くはない副業での利益なら、青色申告よりもずっと簡単な白色申告をする事です。始めは白色申告で低いハードルから入り、副業を続けていき収入も増えていくようなら、やがて青色申告にも挑戦しても良いかもしれません。

-未分類

Copyright© ネットで稼ぐためのブログ|youpick(ユピック)のネット副業について , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.